EPIC FLASH ドライバー 口コミ・レビュー

キャロウェイのEPIC FLASH ドライバーが非常に人気ですね。3つのモデルが発売されていますが、日本では限定のEPIC FLASH ドライバーが人気No.1となっています。


キャロウェイEPIC FLASH ドライバーの詳細はこちら

実際に購入して使用された方のコメントを見ていると、
・STARは音が高すぎるが、これとSubZeroは問題ない
・違和感なく構えやすい
・飛距離が20ヤード伸びた
・軽く振っても、今までのドライバーよりも飛ぶ
・平均飛距離230ヤードが260ヤードに伸びた
・ヘッドスピード40m/sくらいでロフト角9度でちょうどよかった
・ややドローのストレートボールが打てます
などなどと本当に高い評価ばかりが投稿されています。

ここまで高い評価が続出するドライバーも珍しいです。

EPIC FLASH 使用者の口コミ・レビューはこちら

その他のEPIC FLASHに関する記事はこちら

やさしいドライバーランキング 2019

やさしいドライバーランキングを作りました。このランキングは、日本人のアベレージゴルファーがやさしく飛ばすことが出来るドライバーということで作りました。当然ですが、トッププロが使って飛ぶドライバーというものではありません。

第一位:ゼクシオXドライバー
第一位は、国民的ゴルフクラブのXXIOの最新モデル。初心者のゴルファーでも、100前後のゴルファーでも、上級者でも満足できる世界でも数少ない誰でもやさしく飛ばすことが出来るドライバーです。
今の外国ブランドは、重心距離が長く慣性モーメントが大きなヘッドが大きいのですが、逆にヘッドをコントロールしずらいというアマチュアの声も多くあります。ゼクシオXは、重心距離は平均的である程度ヘッドをコントロールしやすくなっています。

第二位:ゼクシオプライムドライバー
ゼクシオシリーズのより軽くて、よりつかまりやすい、やさしいドライバーです。シニアプレーヤーを中心に、ヘッドスピードが速くないプレーヤーが驚くほどに飛ばしています。
重心距離を短くしてヘッドが返りやすくなっている上に、シャフトもインパクトで振り遅れないように設計されているので、自然と球がつかまって飛ばしてくれます。

第三位:キャロウェイEPIC FLASH STAR ドライバー
キャロウェイの2019年最新モデル。EPIC FLASH には3つもモデルがラインナップされていますが、その中で最もつかまりが良く、やさしく飛ばすことができるドライバーです。

第四位:ヤマハ インプレスUD+2ドライバー 2019
2番手上の飛びを実現したインプレスUD+2アイアンが爆発的ヒット。そのUD+2のドライバーです。リアルロフトがやや立っているのですが、その分、徹底的に球が上がりやすく、つかまりやすくなっています。力強い打ち出しからきれいなドローボールが打ちやすいドライバーです。

タイトリストTS2ドライバー ヘッドの重心などデータ

タイトリストTS2ドライバーを飛ぶドライバーランキング2019の上位にランクインさせていますが、タイトリストが本気でスピード・飛びを追求したドライバーだけあって、世間でも飛ぶ!という声が非常に多くなっていますね。

実際、このヘッドの重心などがどのようになっているのかご紹介します。
ヘッドの重さ:200.3g(重い)
重心距離:39.4mm(長い)
重心深度:41.1mm(深い)
フェースの高さ:57.4mm(ややディープ)
スイートスポットの高さ:34.2mm(やや低い)
低重心率:59.6%(低重心)
ヘッド左右慣性モーメント:5136g㎠(非常に大きい)
ネック軸回り慣性モーメント:8123g㎠(非常に大きい)

重いヘッドで重心距離が長く、重心深度が深く、慣性モーメントが非常に大きくなっています。ストレートにぶっ飛ばすには有効なヘッドに仕上がっています。

近年、外国ブランドを中心に多くのメーカーがPINGのヘッドに非常に似てきていますね。やはりPGAツアーの流れが、飛距離重視の傾向が強くなっていますので、この流れは当分続きそうです。

タイトリスト(TITLEIST) ドライバー TS2 T-SPD 519 EVO S 9.5 カーボン メンズ 637RTS5S95 右 ロフト角:9.5度 フレックス:S

その他タイトリストTS2ドライバーの記事はこちら

飛ぶドライバーランキング 2019

2019年も続々とNEWドライバーが発売されています。キャロウェイのEPIC FLASH シリーズテーラーメイドM5、M6という世界中が注目するドライバーも出てきています。
このページでは、そんな注目の2019年モデルの飛ぶドライバーをランキングでご紹介していきます。このランキングは、日本人離れしたパワーヒッターではなく、一般的に日本人の私や周囲の方々の意見を基にしたものになりますので、ご覧の多くの方々が参考にしていただけるのだろうと思います。新しいドライバーで出てこれば、順次ランキングを更新してきますので、ご期待ください。

第一位:キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー
第一位は、キャロウェイの2019年最新モデルであるEPIC FLASH STARドライバーです。このシリーズは、3つのモデルがラインナップされていますが、やはりつかまりを良くしているこのSTARが最も楽に安定して飛距離を出すことが出来るということで第一位にランキングいたしました。
AIが考え出したフェースということが話題になっていますが、前のEPICから非常に好評だった2本の柱も健在。前のEPICが非常に飛ぶと話題になっていましたが、更に大きく進化しています。

第二位:タイトリストTS2ドライバー
タイトリストがようやく飛距離に対して本気を出してきたドライバー。スピード・飛距離を出すことが出来るようにすべての項目を見直して作り上げてきたのが今回のTSシリーズ。中でもTS2ドライバーは、やさしい設計になっており、操作性というよりはやさしくストレートな球を打ちやすいドライバーに仕上がっています。とは言っても、決してやさしすぎるドライバーではありません。普段から練習してご自身の技術を磨き続けているゴルファーにおすすめの飛ばせるドライバーです。

第三位:ブリヂストン ツアーB XD-3 ドライバー
久々のブリヂストンのヒット商品になりそうなドライバーです。昔ワールドステージやツアーステージを使っていたゴルファーが、このドライバーでブリヂストンを再度使ってみたということも多いようです。今主流となっている長い重心距離+高慣性モーメントで曲がりにくいドライバーではなく、重心距離が短くヘッドが回転しやすい操作性の高いヘッド。それでいて、ミスヒットへの許容度が高くストレート性能が高いドライバーとなっています。操作性が高いのにストレート性能が高い。とても面白いドライバーに仕上がっています。

飛ぶドライバー テーラーメイド M4やMグローレ

2018年度の飛ぶドライバーNo.1を決めるゴルフダイジェストのD-1グランプリ。見事一位に輝いたのがテーラーメイドのM4ドライバーでした。

M4を使っている世界中のトッププロたちが、大活躍している姿を見ると、当然素晴らしいドライバーであることは理解していました。しかし、「飛ぶ」というよりは「安定感」や「曲がらない」というイメージが私の中では強くありました。

それが予選からずっと勝ち上がり、決勝トーナメントでも私が最も飛ぶと思っているPRGRのRS-Fを下すなど、まさに横綱相撲で優勝しました。

D-1グランプリで、予選や決勝トーナメントで打っていたプロたちのコメントを聞いていると、やはり「安定感」と言う言葉が連発されていました。それでいて「飛ぶ」。決勝トーナメントはかなりの強風の中で行われていたこともあり、その安定感が優勝に導いたのかもしれません。
我々アマチュアは、スイングが一定ではありませんし、芯でとらえることが出来る確率も低いです。ですので、この安定感こそアマチュアの武器になるのではないでしょうか。

テーラーメイドM4ドライバーの詳細はこちら

そして、さらに日本人のアマチュアゴルファーにお伝えしたいドライバーがあります。
10月26日に発売されるMグローレ。
初代のグローレから女子プロ、シニアプロ、トップアマからアベレージゴルファーまで、本当に多くのゴルファーから絶賛されてきたグローレにM3やM4のTWIST FACEとハンマーヘッドが搭載されたのです。
やさしく球が上がって、つかまって、そして飛ぶグローレ。それにTWIST FACEが組み合わさったら、どんなドライバーになるんだろうかと私も興味津々です。

☆日本正規品☆テーラーメイド M GLOIRE Mグローレ ドライバー Speeder EVOLUTION TM カーボンシャフト

タイトリスト TS2ドライバー 実際は?口コミ・レビュー

2018年秋発売モデルの中で、発売前から最も話題になっていたタイトリストTS2ドライバー。実際使ってみてどうなの?というところが非常に気になるところ。契約プロの評価というのは、色んな意味で参考にならないところもありますので、アマチュアの使用感を知りたいですよね。

TS2ドライバー 実際に使ってみてどう?

発売されてすでにTS2ドライバーを手にしているアマチュアの方々の声を集めてみました。
高評価
・50代男性
915D2からの買い替え。915D2よりも20~30ヤード飛びます。
・40代女性
10~15ヤード確実に飛距離が上がりました。TS2の飛びは最高!
・50代男性
915D2からの買い替え。 とっても簡単になりました。ミスショットへの許容範囲は数倍に広がった気がします。
・40代男性
思っていた以上に良かった!
・70代男性
飛距離も打感も評判通り非常に良いです。
・50代男性
つかまりが良く飛距離性能もいい。
・60代男性
917よりも10ヤードは飛んでいる。

及第点の評価
・50代男性
以前のドライバーと飛距離は変わりませんが、真っ直ぐ飛びます。
・50代男性
飛距離はどれほど変わりませんが、方向性は良くなりました。
・50代男性
それほど上がりやすい、飛ぶということはありませんが、不満はないです。

良くない評価
・60代男性
雑誌などに出ている評価程には飛んでいない。

TS2は買いか?

タイトリストTS2ドライバーの口コミ・評価を見ていると、ほとんどが満足されているような感じです。
前評判通り飛距離は出ている様子。もちろん個人個人期待している飛距離というのは違うものがありますので、思ったほど飛んでいないという評価もありました。我々アマチュアは、どうしてもスイングが一回一回違いますし、打点も違います。ですので、正確な飛距離の差というのは判断しにくいものもあるかなとは思います。
けれども、TS2ドライバーの特徴として、深い重心で大きな慣性モーメントで安定したストレートボールが打ちやすくなっています。そういったことも踏まえても、これまでのモデルよりも平均飛距離が上がってくるでしょう。

他にもたくさんの口コミ・評価がゴルフダイジェストオンラインに出ていますので、これから購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。
タイトリストTSドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら

ブリヂストン ツアーB XD-3 2019 評価

ツアーB XD-3の評価がうなぎ上り


ブリヂストンのツアーB XD-3 ドライバーの2019年モデルの評価が続々と出てきています。
ここ最近、ブリヂストンのドライバーは、評価が低いというか、そもそも注目すらしてもらえなかったという不遇の時代が続きました。池田勇太選手や宮里優作選手といったブリヂストンと契約していた選手たちが続々と他社のドライバーを使うようになってしまいました。そういったこともブリヂストンのドライバーに対する目を厳しくしてきたのでしょう。

それがこのツアーB XD-3の2019年モデルで一変したと言っても過言ではないでしょう。すでにブリヂストンの契約プロを中心に絶賛の声が多数上がっていますが、契約フリーの選手などが使い始めることがあるのか注目ですね。池田選手や宮里選手が戻ってきてくれると、売れ行きは更に飛躍するでしょう。また、ドライバーは常に海外メーカーの物を使っている松山英樹選手。彼がブリヂストンのドライバーを使ったりするとそれこそ大変なことになるでしょうね。でも、それくらい、今XD-3ドライバーの評価がうなぎ上りです。
スポンサーリンク

XD-3 2019年モデルが高評価の理由

今回の2019年モデルが高い評価を受けている理由
・ヘッドがナチュラルに返ってきて、非常に扱いやすい
他社のドライバーが重心距離が長く大きな慣性モーメントのヘッドを出してきている一方で、XD-3は重心距離が短く小さな慣性モーメントでヘッドをコントロールしやすくしています。
・初速が速くストレート性能が高い
操作性が高いとヘッドをうまくコントロールできないアマチュアは、曲がりやすくなるというイメージがあるかもしれません。しかし、XD-3はクラウン部分の筋金が効いているのか、ボールに対してヘッドの力がキレイに伝わり初速が速く真っ直ぐボールが飛んで行ってくれます。

曲がらない人気ドライバーは?

人気ドライバーの中でも曲がらないドライバーをご紹介します。

深重心+大慣性モーメントで曲がらないドライバー

2019年モデルのドライバーが続々と発売開始されていますが、どのドライバーもストレート性能が非常に高くなっています。
タイトリストやテーラーメイド、キャロウェイ、PINGなどの外国メーカーの多くが、深重心と長い重心距離、大きな慣性モーメントでスイングのパワーがボールの伝わりやすく、とにかく曲がりにくいドライバーを作ってきています。

その流れを作ったのがPING。何代か前から重いヘッドと深重心、大きな慣性モーメントのドライバーを作りはじめて、世界中のプロやアマが使うようになりました。2017年日本の賞金王になった宮里優作選手、鈴木愛選手の両者もPINGのG400を使っていたことでも話題になりました。

タイトリストも深重心+大慣性モーメントで曲がらない


このPINGの快進撃を受けて、他社もどんどん追随してきています。洋ナシ形状でプロモデルのハードなドライバーを作り続けてきたタイトリストも、遂に深い重心で大きな慣性モーメントのTS2ドライバーを作ってきました。発売前から話題になってきました。ボール初速が非常に速く、そしてストレート性が高いと、早くも高い評価を受けています。
タイトリストTS2ドライバーの詳細はこちらでご紹介

ブリヂストンは独自路線で曲がらない!


他のメーカーが続々とPINGのドライバーと同じようになってきましたが、ブリヂストンは独自路線で非常に良いドライバーを作ってきました。最近影が薄くなっていたブリヂストンが、2019年モデルはとても頑張りました!
他のメーカーが深重心+長い重心距離+大きな慣性モーメントで来ているところ、ブリヂストンは、浅重心+短い重心距離+小さな慣性モーメントのドライバーで勝負しています。
この作りでは、ヘッドがしっかりと返ってきて非常に操作性が良くなります。そして今回ブリヂストンが作ったのは、筋金入りのクラウン。このクラウンがボールに直進性を与えるようで、操作性が高いながらもストレート性能が高いドライバーとなっています。操作性とストレート性という相反すると思われる2つのことを見事に両立させました。
ブリヂストン ツアーB XD-3 2019年モデルの詳細はこちら

ブリヂストン ツアーB XD-3 2019 口コミ・レビュー

ブリヂストンのツアーB XD-3の2019年モデル。発売してから口コミで良い評判が広まっており、販売数がかなり伸びてきているそうです。

実際、どのような口コミが集まってきているのか調べてみました。

40代男性:久しぶりにBSの打感を思い出しました。
50代男性:フェースターンして球を捕えるうち方の人には、非常に扱いやすい。
50代男性:これまでのドライバーで一番。最高傑作です。

他にもゴルフダイジェストオンラインには、多数の口コミ・レビューが寄せられていますので、これから購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。
⇒ ツアーB XD-3 ドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら

ドライバーが右に曲がる、右に飛ぶ原因は?

最近、ドライバーが右に曲がる、右に飛ぶんだよな~という方、いらっしゃると思います。
根本的にスライスしてしまうスイングが原因の場合もありますが、実は最近のドライバーが原因になっている場合があります。

最近のドライバーは、重たいヘッドで重心が深く、軸回り慣性モーメントが大きなものが多くなっています。この流れを作ったのはPING。PINGのドライバーがいち早くこのタイプのドライバーを作るようになり、世界中のプロやアマから高評価を受けるようになりました。そして、他のメーカーも追随してきて、キャロウェイ、テーラーメイドと続々とヒット。更にはタイトリストや日本のPRGR、SRIXONなどもそういった傾向になってきました。

これらのドライバーは、スイングパワーがボールに伝わりやすく、ヘッドがぶれにくいというメリットがあります。多くのプロがそういったドライバーに順応して、大きなスイングでフルスイングしてボールを打ち、圧倒的な飛距離を出すようになっています。10年前と比べてプロのドライバーの飛距離は格段に伸びています。

実は、良い面ばかりでなく、振り遅れがちなアマチュアゴルファーがこの手のドライバーを使うと、右にしか飛びません。右に真っ直ぐすっぽ抜けるような球が出たり、右に飛び出してスライスしていくような球が出てしまいます。
それを嫌がってヘッド早く替えそうとフリップさせてみたり、右足体重のままインパクトしたりして、スイングを完全に壊してしまうことになるゴルファーもたくさんいるのです。

今一度、自分のスイングを解析してみてください。ゴルフ5などの専門店では、どういった軌道でヘッドが動いて、ボールにコンタクトしているのか分析出来ます。ヘッドが返ってきていないようでしたら、ヘッドが返りやすいドライバーを使った方が絶対にいいです。ドライバーを変えるだけで球筋が大きく変わりますし、更にはゴルフの上達も早くなります。

ただ、今そういったドライバーは本当に少ないです。今あるドライバーで唯一おすすめなのが、日本メーカーのブリヂストンが作るツアーB XD-3です。やはり日本のメーカーは、日本人に多いスイングタイプの方がキレイに飛ばすことが出来るドライバーを作ってくれています。
このツアーB XD-3は、最新ドライバーには珍しい、重心深度が比較的浅く、ネック軸回り慣性モーメントもそれほど大きくありません。ですので、ヘッドが返ってきやすいのです。また、この手のドライバーは、ストレート性能が低いと思われがちですが、筋金のクラウンが効いているのか、本当に曲がりにくくストレートボールが打ちやすくなっています。
是非、お試しいただきたいドライバーです。

ブリヂストン ツアーB XD-3 の詳細はこちら