ブリヂストン ツアーB XD-3 2019 評価

ツアーB XD-3の評価がうなぎ上り


ブリヂストンのツアーB XD-3 ドライバーの2019年モデルの評価が続々と出てきています。
ここ最近、ブリヂストンのドライバーは、評価が低いというか、そもそも注目すらしてもらえなかったという不遇の時代が続きました。池田勇太選手や宮里優作選手といったブリヂストンと契約していた選手たちが続々と他社のドライバーを使うようになってしまいました。そういったこともブリヂストンのドライバーに対する目を厳しくしてきたのでしょう。

それがこのツアーB XD-3の2019年モデルで一変したと言っても過言ではないでしょう。すでにブリヂストンの契約プロを中心に絶賛の声が多数上がっていますが、契約フリーの選手などが使い始めることがあるのか注目ですね。池田選手や宮里選手が戻ってきてくれると、売れ行きは更に飛躍するでしょう。また、ドライバーは常に海外メーカーの物を使っている松山英樹選手。彼がブリヂストンのドライバーを使ったりするとそれこそ大変なことになるでしょうね。でも、それくらい、今XD-3ドライバーの評価がうなぎ上りです。
スポンサーリンク

XD-3 2019年モデルが高評価の理由

今回の2019年モデルが高い評価を受けている理由
・ヘッドがナチュラルに返ってきて、非常に扱いやすい
他社のドライバーが重心距離が長く大きな慣性モーメントのヘッドを出してきている一方で、XD-3は重心距離が短く小さな慣性モーメントでヘッドをコントロールしやすくしています。
・初速が速くストレート性能が高い
操作性が高いとヘッドをうまくコントロールできないアマチュアは、曲がりやすくなるというイメージがあるかもしれません。しかし、XD-3はクラウン部分の筋金が効いているのか、ボールに対してヘッドの力がキレイに伝わり初速が速く真っ直ぐボールが飛んで行ってくれます。

コメントを残す