曲がらない人気ドライバーは?

人気ドライバーの中でも曲がらないドライバーをご紹介します。

深重心+大慣性モーメントで曲がらないドライバー

2019年モデルのドライバーが続々と発売開始されていますが、どのドライバーもストレート性能が非常に高くなっています。
タイトリストやテーラーメイド、キャロウェイ、PINGなどの外国メーカーの多くが、深重心と長い重心距離、大きな慣性モーメントでスイングのパワーがボールの伝わりやすく、とにかく曲がりにくいドライバーを作ってきています。

その流れを作ったのがPING。何代か前から重いヘッドと深重心、大きな慣性モーメントのドライバーを作りはじめて、世界中のプロやアマが使うようになりました。2017年日本の賞金王になった宮里優作選手、鈴木愛選手の両者もPINGのG400を使っていたことでも話題になりました。

タイトリストも深重心+大慣性モーメントで曲がらない


このPINGの快進撃を受けて、他社もどんどん追随してきています。洋ナシ形状でプロモデルのハードなドライバーを作り続けてきたタイトリストも、遂に深い重心で大きな慣性モーメントのTS2ドライバーを作ってきました。発売前から話題になってきました。ボール初速が非常に速く、そしてストレート性が高いと、早くも高い評価を受けています。
タイトリストTS2ドライバーの詳細はこちらでご紹介

ブリヂストンは独自路線で曲がらない!


他のメーカーが続々とPINGのドライバーと同じようになってきましたが、ブリヂストンは独自路線で非常に良いドライバーを作ってきました。最近影が薄くなっていたブリヂストンが、2019年モデルはとても頑張りました!
他のメーカーが深重心+長い重心距離+大きな慣性モーメントで来ているところ、ブリヂストンは、浅重心+短い重心距離+小さな慣性モーメントのドライバーで勝負しています。
この作りでは、ヘッドがしっかりと返ってきて非常に操作性が良くなります。そして今回ブリヂストンが作ったのは、筋金入りのクラウン。このクラウンがボールに直進性を与えるようで、操作性が高いながらもストレート性能が高いドライバーとなっています。操作性とストレート性という相反すると思われる2つのことを見事に両立させました。
ブリヂストン ツアーB XD-3 2019年モデルの詳細はこちら

コメントを残す