タイトリストTS2ドライバー ヘッドの重心などデータ

タイトリストTS2ドライバーを飛ぶドライバーランキング2019の上位にランクインさせていますが、タイトリストが本気でスピード・飛びを追求したドライバーだけあって、世間でも飛ぶ!という声が非常に多くなっていますね。

実際、このヘッドの重心などがどのようになっているのかご紹介します。
ヘッドの重さ:200.3g(重い)
重心距離:39.4mm(長い)
重心深度:41.1mm(深い)
フェースの高さ:57.4mm(ややディープ)
スイートスポットの高さ:34.2mm(やや低い)
低重心率:59.6%(低重心)
ヘッド左右慣性モーメント:5136g㎠(非常に大きい)
ネック軸回り慣性モーメント:8123g㎠(非常に大きい)

重いヘッドで重心距離が長く、重心深度が深く、慣性モーメントが非常に大きくなっています。ストレートにぶっ飛ばすには有効なヘッドに仕上がっています。

近年、外国ブランドを中心に多くのメーカーがPINGのヘッドに非常に似てきていますね。やはりPGAツアーの流れが、飛距離重視の傾向が強くなっていますので、この流れは当分続きそうです。

タイトリスト(TITLEIST) ドライバー TS2 T-SPD 519 EVO S 9.5 カーボン メンズ 637RTS5S95 右 ロフト角:9.5度 フレックス:S

その他タイトリストTS2ドライバーの記事はこちら

タイトリスト TS2ドライバー 実際は?口コミ・レビュー

2018年秋発売モデルの中で、発売前から最も話題になっていたタイトリストTS2ドライバー。実際使ってみてどうなの?というところが非常に気になるところ。契約プロの評価というのは、色んな意味で参考にならないところもありますので、アマチュアの使用感を知りたいですよね。

TS2ドライバー 実際に使ってみてどう?

発売されてすでにTS2ドライバーを手にしているアマチュアの方々の声を集めてみました。
高評価
・50代男性
915D2からの買い替え。915D2よりも20~30ヤード飛びます。
・40代女性
10~15ヤード確実に飛距離が上がりました。TS2の飛びは最高!
・50代男性
915D2からの買い替え。 とっても簡単になりました。ミスショットへの許容範囲は数倍に広がった気がします。
・40代男性
思っていた以上に良かった!
・70代男性
飛距離も打感も評判通り非常に良いです。
・50代男性
つかまりが良く飛距離性能もいい。
・60代男性
917よりも10ヤードは飛んでいる。

及第点の評価
・50代男性
以前のドライバーと飛距離は変わりませんが、真っ直ぐ飛びます。
・50代男性
飛距離はどれほど変わりませんが、方向性は良くなりました。
・50代男性
それほど上がりやすい、飛ぶということはありませんが、不満はないです。

良くない評価
・60代男性
雑誌などに出ている評価程には飛んでいない。

TS2は買いか?

タイトリストTS2ドライバーの口コミ・評価を見ていると、ほとんどが満足されているような感じです。
前評判通り飛距離は出ている様子。もちろん個人個人期待している飛距離というのは違うものがありますので、思ったほど飛んでいないという評価もありました。我々アマチュアは、どうしてもスイングが一回一回違いますし、打点も違います。ですので、正確な飛距離の差というのは判断しにくいものもあるかなとは思います。
けれども、TS2ドライバーの特徴として、深い重心で大きな慣性モーメントで安定したストレートボールが打ちやすくなっています。そういったことも踏まえても、これまでのモデルよりも平均飛距離が上がってくるでしょう。

他にもたくさんの口コミ・評価がゴルフダイジェストオンラインに出ていますので、これから購入を検討されている方は、是非参考にしてみてください。
タイトリストTSドライバー 使用者の口コミ・レビューはこちら