飛ぶドライバーランキング 2019

2019年も続々とNEWドライバーが発売されています。キャロウェイのEPIC FLASH シリーズテーラーメイドM5、M6という世界中が注目するドライバーも出てきています。
このページでは、そんな注目の2019年モデルの飛ぶドライバーをランキングでご紹介していきます。このランキングは、日本人離れしたパワーヒッターではなく、一般的に日本人の私や周囲の方々の意見を基にしたものになりますので、ご覧の多くの方々が参考にしていただけるのだろうと思います。新しいドライバーで出てこれば、順次ランキングを更新してきますので、ご期待ください。

第一位:キャロウェイ EPIC FLASH STAR ドライバー
第一位は、キャロウェイの2019年最新モデルであるEPIC FLASH STARドライバーです。このシリーズは、3つのモデルがラインナップされていますが、やはりつかまりを良くしているこのSTARが最も楽に安定して飛距離を出すことが出来るということで第一位にランキングいたしました。
AIが考え出したフェースということが話題になっていますが、前のEPICから非常に好評だった2本の柱も健在。前のEPICが非常に飛ぶと話題になっていましたが、更に大きく進化しています。

第二位:タイトリストTS2ドライバー
タイトリストがようやく飛距離に対して本気を出してきたドライバー。スピード・飛距離を出すことが出来るようにすべての項目を見直して作り上げてきたのが今回のTSシリーズ。中でもTS2ドライバーは、やさしい設計になっており、操作性というよりはやさしくストレートな球を打ちやすいドライバーに仕上がっています。とは言っても、決してやさしすぎるドライバーではありません。普段から練習してご自身の技術を磨き続けているゴルファーにおすすめの飛ばせるドライバーです。

第三位:ブリヂストン ツアーB XD-3 ドライバー
久々のブリヂストンのヒット商品になりそうなドライバーです。昔ワールドステージやツアーステージを使っていたゴルファーが、このドライバーでブリヂストンを再度使ってみたということも多いようです。今主流となっている長い重心距離+高慣性モーメントで曲がりにくいドライバーではなく、重心距離が短くヘッドが回転しやすい操作性の高いヘッド。それでいて、ミスヒットへの許容度が高くストレート性能が高いドライバーとなっています。操作性が高いのにストレート性能が高い。とても面白いドライバーに仕上がっています。

飛ぶドライバー テーラーメイド M4やMグローレ

2018年度の飛ぶドライバーNo.1を決めるゴルフダイジェストのD-1グランプリ。見事一位に輝いたのがテーラーメイドのM4ドライバーでした。

M4を使っている世界中のトッププロたちが、大活躍している姿を見ると、当然素晴らしいドライバーであることは理解していました。しかし、「飛ぶ」というよりは「安定感」や「曲がらない」というイメージが私の中では強くありました。

それが予選からずっと勝ち上がり、決勝トーナメントでも私が最も飛ぶと思っているPRGRのRS-Fを下すなど、まさに横綱相撲で優勝しました。

D-1グランプリで、予選や決勝トーナメントで打っていたプロたちのコメントを聞いていると、やはり「安定感」と言う言葉が連発されていました。それでいて「飛ぶ」。決勝トーナメントはかなりの強風の中で行われていたこともあり、その安定感が優勝に導いたのかもしれません。
我々アマチュアは、スイングが一定ではありませんし、芯でとらえることが出来る確率も低いです。ですので、この安定感こそアマチュアの武器になるのではないでしょうか。

テーラーメイドM4ドライバーの詳細はこちら

そして、さらに日本人のアマチュアゴルファーにお伝えしたいドライバーがあります。
10月26日に発売されるMグローレ。
初代のグローレから女子プロ、シニアプロ、トップアマからアベレージゴルファーまで、本当に多くのゴルファーから絶賛されてきたグローレにM3やM4のTWIST FACEとハンマーヘッドが搭載されたのです。
やさしく球が上がって、つかまって、そして飛ぶグローレ。それにTWIST FACEが組み合わさったら、どんなドライバーになるんだろうかと私も興味津々です。

☆日本正規品☆テーラーメイド M GLOIRE Mグローレ ドライバー Speeder EVOLUTION TM カーボンシャフト

飛ぶドライバーランキング2018

飛ぶドライバーランキングを2018年10月現在で作りました。実際に打ったドライバーの中から選びましたが、プロやゴルフクラブ評論家の意見、友人の意見なども参考にしました。

飛ぶドライバーランキング2018

第一位:PRGR RS-F 2018年モデル

2018年最も飛ぶドライバーは、PRGRのRSドライバーです!!2017年モデルもめちゃくちゃ飛びましたが、どうしても右へ滑るような球が出やすかったという欠点がありました。それがこのドライバーは改善されて、コースでも安心して叩くことが出来るドライバーとなっています。
日本の横浜ゴムのPRGR。世界的には浸透していないので、日本でもどちらかと言えばマイナー。ですが、黒チタンや銀チタン、赤チタンの時代から本当に良いドライバーを作り続けています。そして、2015年にナブラRSでD-1グランプリ優勝。2016年のRS-Fは、飛びすぎてR&Aの適合クラブリストが除外される事件が発生しました。それにもめげず2017年モデルもギリギリのぶっ飛び。2018年モデルは、更に改良が加えられ、ストレートボールでぶっ飛ばすことが出来るドライバーになりました。
使用プロ:小平智選手、池田勇太選手など(試合によって変える場合あり)
オススメのゴルファー:飛ばしたい中上級者。球を捕まえることが出来て、左のミスが出にくいドライバーを求めている方におすすめです。間違っても、格好いいからという理由で初心者やアベレージゴルファーは使わないようにしてください。
PRGR RS-F 2018年モデルの評価や口コミなどはこちら
スポンサーリンク


第二位:ブリヂストン ツアーB XD-3 2018年モデル

第二位も日本のメーカー、ブリヂストンのドライバーを選ばせていただきました。
最近、ブリヂストンは論外・・・として扱われることが多かったのですが、今回のドライバーはいいですよ!日本人ゴルファーも海外モデルにばかり目を向けずに、日本メーカーのクラブも是非見てほしいと思います。
今回のXD-3は、2018年モデルとしては唯一と言ってもいいかもしれませんが、重心が浅くてネック軸回り慣性モーメントが大きくないドライバーです。でもストレート性能がとっても高くて、そして力強い球で飛んでくれます。今、海外メーカーを中心に慣性モーメントを高くして曲がらないことをアピールするドライバーが多いですが、正直それだとつかまらない、右へ行っちゃうゴルファーも多いんですよね。このXD-3は、ちゃんとヘッドが返ってきてまっすぐ飛ぶ。筋金が効いているんでしょうか??筋金がどこまで効いているのか私にはわかりませんが、ストレート性能が高くて飛ぶ。私は本当に好きなタイプのドライバーだなと感じました。
使用プロ:宮本勝昌選手、近藤智弘選手、堀川未来夢選手など
オススメのゴルファー:日本人の中上級者からアベレージゴルファー。

第三位:キャロウェイ ROGUE STAR

2017年プロからもアマからも絶賛されたEPICを超えるということで発売されたROGUE。2本の柱はあるのですが軽量化したことで重心を後ろに下げることに成功。高い反発力からの高初速はそのままに、やさしく捕まるようになりました。飛ぶしやさしい。それがROGUE STARです。
ROGUEシリーズは、「ROGUE STAR」「ROGUE」「ROGUE SubZero」の3つのタイプがありますが、私個人的には「ROGUE」が良いですね。「ROGUE STAR」はかなりドローバイアスが強いのですが、「ROGUE」はストレートで曲がらないです。プロは「ROGUE SubZero」を使う選手が多いです。
オススメのゴルファー:やさしくつかまって飛ばしたいゴルファー。

2018年飛ぶドライバーの傾向

2017年に宮里優作選手と鈴木愛選手が日本ツアーの賞金王・賞金女王になりましたが、二人とも使用していたのがPING G400LSTだったんですよね。
重いヘッドに深重心で慣性モーメント大。これが日本だけでなく世界中でヒットしています。
その流れで、今やほとんどのメーカーが重心を深くして、慣性モーメントを大きくする傾向にあります。キャロウェイもテーラーメイドも急速に重心を深くしてきています。そして、タイトリストも。ヘッドの形もとても似てきています。
今後もそのような傾向が続くというか、当面はそれが定番になっていくのでしょうね。
そういう意味では、ランキングで第二位としたブリヂストンのツアーB XD-3は異色の存在です。しかもこれが非常に良いドライバーに仕上がってきていますので、昔のようなブリヂストンゴルフの復活もここから始まるのかもしれません。
スポンサーリンク


2019年の飛ぶドライバーランキングはこちらでご紹介